ISOへの取り組み

本会では国際規格であるISO9001:2015(品質マネジメントシステム)を取得し、全ての業務に関しプロセスを明確にし、Plan(計画)、Do(実行)、Check(検証)、Act(改善)を適用し、品質の改善及び職員の意識改革を図り、会員等皆様の信頼と満足度向上のため日々努力を重ねてまいります。

取得規格名称 ISO9001:2015(品質マネジメントシステム)/(JISQ9001:2015)
登録日 2018年2月16日
登録証番号 JQA-QMA13143

品質マネジメントシステムに対する本会の概要

適用範囲

本会が実施する農業農村整備事業に関する調査・測量・設計・換地・工事監理・維持管理・指導業務を範囲とし、関連する部署(総務企画部、農村振興部)に適用する。

品質方針

本会は、農業農村整備事業を行う顧客の共同の利益を増進するため、以下の品質方針を定める。

  1. 顧客満足の向上に努める。
  2. 技術力の向上と品質の向上に努める。
  3. 品質マネジメントシステムの継続的改善に努める。

本会は、これらの方針に基づき、個別の品質目標を定め、全職員が一丸となりその達成に向けて取り組むものとする。

平成29年4月1日
専務理事 後藤 庸貴